2008年09月11日

no-title

日時:2008年9月7日 11時10分キックオフ
対戦相手・江戸川かすみ草さん
点数(トライ数)・10本対1本 勝ち
メンバー
1:高萩2:古谷3:奥田4:沼辺5:土肥6:百瀬7:坪井8:星9:杉野10:菅原11:川口12:天野13:安井14:山本15:犬飼16:井上17:川合
スタッフ:永山、仲田さん、中西さん、あらいさん。
posted by 東京六甲クラブ at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

対 湘南フジクラブ

昨日は雨の中、お疲れ様でした。

そして、湘南富士クラブさん、素晴らしいグランドでの試合、
本当にありがとうございます。

今後とも試合を実施させて頂ければと思います。


日時:2008年3月30日(日)

グランド:保土ヶ谷ラグビー場(人工芝)

試合相手:湘南フジクラブさん

スコア:12対12(前半12対0)



参加者:計21名(敬称略)

1:井上 2:土肥→松木 3:奥田 4:沼辺 5:福嶋
6:甲斐 7:手嶋→矢野 8:佐々木
9:萩原→竹田 10:菅原 11:越水 12:久保田
13:榮田 14:高平→川口 15:天野→甚

水:坪井



来週本番です。

土曜日練習に参加しましょう!!

4月5日(土)9時50分 小岩駅集合
4月6日(日)11時   三郷中央駅集合

日曜の集合時間を30分早くいたしました。

宜しくお願いいたします。

posted by 東京六甲クラブ at 23:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

対 早稲田GWOB(江戸川リーグ)

日曜日の試合はお疲れ様です。
試合内容はかなり良い出来になってきましたが、
まだまだ高めて来年優勝するために練習をやっていきましょう!!

また怪我をされた方は早く治しましょう!

対戦相手:早稲田GWOBさん
スコア:54対5

1:井上 2:阿部 3:奥田 4:沼辺 5:松木 6:野田
7:坪井 8:土肥 9:犬飼 10:菅原 11:高平 12:久保田→手嶋
13:反町 14:西田→佐藤 15:西沢

MVP:犬飼
→初めて試みましたが、ポイントの寄り・さばきもよくほぼ全員の
プレイヤーから絶賛されていました。

あと、あと2試合勝って江戸川陸上競技場で試合をやりましょう!!

今週末は、高橋さんの2次会があります。
何か面白い格好を持参してきてください。
posted by 東京六甲クラブ at 18:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

六甲 イースト活動日記 2006/10/29

10月29日(日)江戸川リーグ最終節@小岩(対With)

試合メンバー(敬称略)
1:木場→坪井 2:佐久間 3:阿部 4:天野B→松永
5:寺田 6:平野 7:田中 8:佐々木
9:大山→西尾 10:菅原 11:萩原→耕作 12:大出→西田
13:久保田→犬飼 14:西沢→菊池 15:天野A→萩原

メディカル:石井M

見学:伊藤部長、手嶋、あっこちゃん、その友達

内容:秋シーズン始まって一番の出来、スクラムは安定
   しなかったが、BKに随所随所良い連携が見え
   来年度に向け、手応えを感じました。

   試合開始からあのような動きが出来れば、上位
   チームと試合しても、その次の課題が見え
   良い内容になると思いました。

posted by 東京六甲クラブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

20061001日江戸川リーグ第二節@小岩

10月1日(日)江戸川リーグ第二節@小岩

試合メンバー(敬称略):
1:佐久間2: 阿部 3:坪井→木場 4:天野B
5:高倉→久保田(弟) 6:田中 7:坂口(助っ人)
8:佐々木→犬飼 9:萩原 10:菅原 11:高橋→片山
12:大出 13:久保田(兄) 14:西沢 15:天野A

メディカル:石井MG
お手伝い:堀口・堀口友人

内容:
ラインアウトでの安定性・特にラックにおける
玉際のプレーが少々雑でした。

練習を行うことによって、きっちり修正しますので、
練習しましょう!
相手に合わせてプレーをしないように、しなければなりません。

(筋トレをきっちりやってください。
下記URLを参照ください。)
http://www.jubilo-iwata.co.jp/jubilo/kanno/back_num.php
posted by 東京六甲クラブ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

江戸川リーグ秋期大会 対 トムキャッツ

9月3日(日)対トムキャッツ(+ブラックアイズ)

参加者及びメンバー(敬称略):
1佐久間 2 村田 3坪井→加藤 4天野B 5高倉
6加藤→松永 7手嶋→富田 8土肥 9萩原
10菅原→犬飼 11西沢→平松 12久保田 
13西田→松永→西田 14伊藤 15犬飼→西沢

スタッフ:伊藤B、渡辺、石嶋、石井M
ピーチエンジェル:ひろこ、みわ、りえ
      まなみ、あゆ

スコア:
(前半)六甲19−0(3T2G)
(後半)   0−7
(合計)六甲19−7

評価:昨年度同様、フィットネスを実施してからの試合。
今年度は、心肺機能を鍛えるフィットネスを実施します。
(昨日は30%ほどです。)

試合の感想ですが、縦に行くプレイヤーが孤立していた
ケースがあります。

かなり良い位置にアタックしていますが、フォローが遅いため
ターンオーバーされることが多かった。FW/BK関係なしに
フォローを早くし、縦に行ったプレイヤー対して同時に
ドライブしていくようにしましょう!

これが成功していれば得点機会は増えたはずです。
(行き過ぎではなく、フォローが遅すぎだと思いました。)
BKはこのラインを継続して、試合をすることによって、
かなり上位のBKと勝負が出来ると実感しました。
あとは、経験だと思います。

石井M:冷たいお茶の差し入れありがとう御座いました。
非常に助かりました。これからもよろしくお願いいたします。

posted by 東京六甲クラブ at 23:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

H18年度江戸川ラグビー協会7人制大会

7月2日(日) 10:00〜15:00
H18年度江戸川ラグビー協会7人制大会
場所:葛西臨海球技場
天気:曇り時々雨

一回戦 ドンキーズ 41−0 勝
二回戦 三菱製鋼 17−12 勝
準決勝 JSKS 22−7 勝
決勝 スーパーマン19−0 勝 優勝!

メンバー
(前半若手チーム)
FW:西田→宮本(新人)、平野、佐久間→坪井(準決より)
BK:太田、大山、天野A、西沢

(後半ベテランチーム)
FW:阿部、天野B、坪井→佐久間(準決より)
BK:西尾、片山、久保田、平松

スタッフ:伊藤部長、堀口マネ

寸評:前半を若手メンバー、後半をベテランメンバーに
固定して対戦。前半で走り勝ち後半で畳み掛ける
戦術。試合を重ねる毎に7人制らしくなり
優勝出来ました。

その他:試合後に西葛西駅前にて参加メンバーで
祝勝会を開催しました。
posted by 東京六甲クラブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

2006/06/11  東京都1部 対多摩クラブ

2006年6月11日
東京都クラブ選手権1部 第4節

対 多摩クラブ
グランド:キヅーチフィールド
天気:雨
グランド状態:泥濘

スコア:
六甲イースト7-17多摩クラブ
   (前半0-14)
寸評:雨中の悪コンディションでミス多発。
   反則数でも差が。(六甲17、多摩7)

メンバー:
1石嶋正 2阿部→石嶋照 3尾崎 4佐久間→手嶋
5室伏 6佐々木 7坪井→平野 8加藤
9大山→堀越 10藤江 11平松 12久保田
13高橋 14西沢 15天野A
16松木 17石嶋照 18手嶋 19平野
20堀越 21高倉 22天野B

交代指示者:伊藤部長
タッチジャッジ:川合
メディカル:石井MGR
記録係:石川MGR
ウォーターボーイ:冨田、昇司、太田
ボールボーイ:柴崎、西尾、犬飼
スタッフ:中、西田、松永
テーピング:ケッズ治療院の皆様

応援:下山、室伏ファミリー、室伏嫁、高倉嫁、松木嫁

内容に誤りあればご指摘ください。
posted by 東京六甲クラブ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

2006/05/28  東京都1部 対くるみクラブ

○5月28日(日):東京都クラブ選手権1部リーグ第3戦
・対 くるみクラブ 41−7 勝(リーグ勝点14)
(前半36−0、後半5−7)

1石嶋(正)→松木 2阿部 3尾崎 4佐久間
5坪井→天野B 6田中 7佐々木 8加藤
9堀越→西尾 10大山 11平松→冨田 12久保田
13高橋 14西沢 15片山→神原
16松木 17手嶋 18西尾 19高倉 20天野B
21冨田 22神原

・交代指示:伊藤部長
・メディカル:石井マネ
・タッチジャッジ:川合
・記録係:高倉嫁
・その他スタッフ:昇司、岸、石川マネ、石井マネの友人
         ケッズ接骨院の皆様(5名)


【寸評】
   ・FW戦で圧倒し快勝。
・後半はグランド状態悪化により攻めきれず。
・反則数低減を。(前半5、後半7)
posted by 東京六甲クラブ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

Bチーム 江戸川リーグ春季大会 対 三菱製鋼

5月21日(日):江戸川リーグ春季大会
・六甲EAST(B) 対 三菱製鋼 負け
21−26(前半0−19・後半21−7)
・メンバー;
 1松木 2大貫 3桑林→市丸 4田尾 5姜→近藤
  6木場 7平野→井上 8橋本 9天野B  10天野A
  11小東 12西田  13井上→松永 14西沢  15牧野
  (他適宜交代)
・寸評;即席チームで後半追い上げるも惜敗
Bチームメンバーも練習に是非参加を!
posted by 東京六甲クラブ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

2006/05/14  東京都1部 対スーパーマン

○5月14日(日):東京都クラブ選手権1部リーグ第2戦
・対 スーパーマン 18−12勝(リーグ勝点9)
(前半8−7、後半10−5)

メンバー(敬称略)
1:石嶋(正)2:阿部→石嶋(照)3:尾崎4:佐久間
5:手嶋→室伏6:佐々木→平野7:坪井→田中8:加藤
9:大山10:片山11:平松12:高橋13:久保田
14:天野B→高倉15:天野A→西尾
16:松木 17:石嶋(照) 18:室伏 19:田中
20:平野 21:西尾 22:高倉

・スタッフ:伊藤部長、ナベジュン、犬飼、西沢、太田
      川合、石井マネ、石川マネ
・ピーチ☆エンジェル:ひろこ、みわ、あゆ、りえ、ゆうこ、ちか
・応援:高倉嫁、室伏ファミリー、石嶋母、大山嫁、大山嫁ファミリー

ピーチエンジェルの皆様、スタッフとしてのサポートありがとうございました。
また、ファミリーなど多数の応援ありがとうございました。

【寸評】
 ・接戦となったがFW戦を制して勝利。
 ・試合でのよかったこと:ペナルティの数が、9になった。
  (前回は20)
posted by 東京六甲クラブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

2006/04/16  東京都1部 対武蔵野ラガーズ


■VS武蔵野ラガーズ戦 14:00K.O @キズーチG 40分ハーフ

 六甲EAST ○ 36(5T) VS 29(4T) ● 武蔵野ラガーズ
 Ref. 志田哲也
 前半 12ー10 (T 手嶋・天野A/1G)
 後半 24ー19 (T天野B×2・大山/3G/1PG)

■メンバー

 1、坪井⇒松木 2、阿部 3、尾崎 4、佐久間 5、手嶋⇒河本 
 6、太郎 7、佐々木⇒平野 8、加藤
 9、大山⇒堀越 10、片山⇒大山 11、天野B 12、犬飼⇒高橋(け)
 13、久保田 14、平松⇒高倉 15、天野A

 選手係り   ;ショウジ
 Water Boys ;富田、西沢、石川マネ
 タッチジャッチ;川合
 メディカル   ;石井マネ
 記録     ;大山彼女(ありがとね〜)


posted by 東京六甲クラブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

2006/03/26 エーコン10’s

3月26日(日曜日)
エーコン10’s(@八王子の山奥)
プレート(1回戦負けチームのトーナメントで優勝!)

【参加者】(たぶん10名)
阿部、佐久間、平野、田中(+嫁・あおいちゃん)、加藤(風邪)、
手嶋、大山、天野

見学+水係り】
伊藤部長

【試合内容】
上記の参加者で10人制プレート優勝をしました。
優勝の勝因は、足りない中で参加メンバーが団結したことに
よるものだと思います。この試合で、平野は体を張るプレーを
していました。

【感想】
メンバーに交代もなく、非常に厳しい試合になりました。
フィットネス・コンタクトスキルはまだまだ足らないかも
知れませんが、練習の結果が出てました。ただメンバー不足に
よるけが人が出たのは言うまでもありません。

遠くて朝早いかもしれませんが、参加できる人は参加ください。
posted by 東京六甲クラブ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

2006/03/19 練習試合 対三鷹オールカマーズ


3月19日(日)11:00〜VS三鷹オールカマーズ(東日本3位・東京都1位)戦
@調布大沢G


◇試合メンバー
 1、松木 2、阿部 3、尾崎 4、佐久間 5、室伏
 6、平野 7、佐々木⇒天野(B) 8、坪井→土肥
 9、西尾 10、片山 11、天野(B)⇒高橋 12、高橋⇒犬飼
 13、高倉⇒佐々木 14、西沢⇒高倉⇒平松 15、トリ
 タッチジャッチ;平松→部長→高倉
 水係り    ;富田
 メディカル  ;石井マネージャー
 ビデオ係り  ;松永
 元締め    ;伊藤部長

◇試合結果
 三鷹オールカマーズ21ー22六甲イースト
  (T;3本 G;3本)   (T;4本 G;1本)

◇試合総評
 <反省点>
  ・モール・ラックサイドに対するディフェンスが甘い
   フローター、ポストを見られていない為、簡単にサイドの突破を
   されていた。

  ・スクラムサイドのディフェンス
   相手のNO8の単独サイド攻撃で簡単にゲインを切られている。

  ・モール・ラックに対し、横から入り過ぎている。
   レフリーがチョロかったので、ペナルティーは取られませんでしたが、
   殆どがオフサイドです。

  ・BKのパスミス
   コミュニケーション不足のためパスミスがおきている。
   練習時から修正していきましょう!

  ・カバーディフェンスに対する意識が低い

  ・ペナルティを起こした時に10m下がっていない。

  ・よって相手の早い仕掛けに対し、対応できない
   (ビックゲインに繋がる所もあった)

  ・キックオフに対する処理が悪い。
   またキックオフのボールチェイスがされていない。
   キックオフのボールを高く、奥に上げているが両ロックがチェイス
   していないので相手にゲインを切られている。

 <良かった点>
  ・接点で引けを取っていないかった。
   練習の成果が現れてきていますので、継続しましょう

  ・試合前に決めた、一人目がタックルで倒し、二人目がボールに絡む
   プレーが出来ていた。
   ただし前述したようにオフサイドを取られてもおかしくない場面も
   多々ありました。

  ・群馬合宿で決めたGAMEプランが60%くらいは出来ていた
  ・後半は風下であったが高麗戦と同様な粘りのあるディフェンスが
   出来ていた。
   またアタックも相手のギャップを付いて裏に抜けることができていたが
   フォーローをもっと早くする事と裏に抜けたら外にボールを放すことを
   意識しボールキャリアは次のプレーのことを意識する。
   ボールを持ちすぎてパスを出すタイミングを逸していた。

  ・ラインアウトの獲得率が良く攻撃にもテンポがあった。また停滞した
   時に意図的にモールを形成しスローダウンさせることができた。

 ※相手が今年初戦と言う事もあり接点でイーストが上回ったことが勝因かと
  考えます。しかしながらレフリングに助けられた所も随所にあり、
  ペナルティに対する意識向上を図らないとダメでしょう。
  例えば、ラックに入る位置、、、ペナルティを取られてもおかしくない
  位置からラックに参加しているプレーヤーが多く大会までに修正する
  必要性があるのでないだろうか。
  (いつも言っているように真っ直ぐ下がることを全員が意識すること)
 
 ※相手は東日本3位の実力のあるクラブでこのクラブに勝利できた事は
  評価できると思います。
  がしかし、ここで安心する事はできません。相手のプレーの精度が
  向上してくれば昨日の試合もどうだったかわかりません。
  ここで安心する事の無いように、プレーの精度を上げていき、先ずは
  東京都の1部リーグを全勝で勝ち上がりましょう。



posted by 東京六甲クラブ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

2006/03/05 練習試合 対駒場WMM

■結果
3月5日(日) VS駒場WMM(東京都クラブ選手権2部所属)
14:50KO(30分ハーフ) @辰巳


■試合メンバー
 1、佐久間 2、阿部 3、松木 4、平野 5、天野(B)
 6、太郎  7、大山⇒宍戸 8、加藤
 9、西尾⇒大山 10、片山 11、西沢⇒富田⇒西沢
 12、犬飼⇒藤江 13、高橋(け)⇒犬飼 14、高倉⇒平松
 15、天野(A)⇒西沢

■試合結果
 ・六甲イースト;14 前半0
            後半8分、T太郎(G成功)
            後半28分T阿部(G成功)
 ・駒場     ;24 前半13分、27分
             後半5分、13分
■ペナルティ;12(前半5、後半7)

■『総評』
 ☆課題点
  ・自陣ゴールを背にしてのペナルティが多い
   (高麗戦よりは修正されているがまだまだです)
   ゴール前のペナルティは即失点に繋がるので注意しましょう

  ・捨てラックに入りすぎ。
    よってカバーディフェンスが遅れ相手に簡単に
    継続されてしまっている。⇒SHのリードを聞くように。
    ラックサイドはもう少しフローターを立たせた方が
    良いのではないか?

  ・タックルの踏み込みが甘い気がする。

  ・ポイントへの集散が遅い。
    相手のジャッカルプレーヤーに対してのブローが悪く、
    球出しのタイミングが遅れ数的優位な状況が作り出せていない。
    これはFWだけの問題ではなく、BKが3人で球出しを
    出来るようにならなくてはダメ!
    高麗と合同練習した際に行ったBKの3人で球出しが
    出来るような練習をしましょう

  ・FWの参加者が少ないためマイボールラインアウトの
   確保率が非常に悪い

  ・ミスボール(ルーズボール)に対しての仕掛けが遅い。

  ・オープンキックのチェイス(追い方)が悪い。
    オンサイドになったプレーヤーは一歩でも前に出て
    相手カウンターに備えるように。
    試合ではCTBの一人とWTBしか追っていない為、
    一人が振り切られると簡単にビックゲインされている。

  ・リードの声が少ない

 ☆良かった点
  ・ミスはあったがBKが意図的に外への展開ができた。
    また結構スピードがあるのでパス精度、サインプレーの
    精度を上げて行きましょう。

  ・フィットネスが上がったのか試合中に下を向くプレーヤーが減った。



posted by 東京六甲クラブ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

2006/02/19 練習試合 対高麗クラブ

■結果
2月19日(日) VS高麗クラブ(東日本クラブトップリーグ所属)
14:20KO(35分ハーフ) @朝鮮大学G

高麗クラブ23-10六甲イースト(T;前半 高倉、後半 田中)

1、松木 2、宍戸 3、尾崎 4、佐久間 5、金崎
6、田中 7、天野 8、高麗さんより助っ人
9、大山⇒西尾 10、片山 11、富田 12、犬飼
13、高橋⇒高倉 14、高倉⇒高橋 15、西沢

■総評
 ☆反省点
  ペナルティが多い
 (ノットリリース、オフサイド、ノットロールアウェイ)
  特にオフサイドは自陣ゴール前で再三繰り返すほどのお粗末さ。
  公式戦になれば相手もペナルティを狙われてもおかしくない くらい多い。
  記録には前後半あわせて14個とあるがもっとペナルティを
  犯している印象。 挙句の果てに練習試合なのにも関わらずシンビンで
  松木が一時退場。
  1度取られたペナルティは2度、3度と繰り返さない事。
  (試合中に学習すること。これはメンバー全員に共通事項です)

  細かいミスが多い。(パスミス、ノックオン)
  特にチャンスの場面でのミスが多く、攻めていても自滅している。

  レフリングに対しての文句が多い
  これは昨年来、レフリングに対する文句は絶対に言わないと
  言ってきているのにも関わらず修正されていない。
  レフリングへの文句を言っている前に10m下がる事を
  意識すること。
  特に昨日の試合はゴールを背にして粘りのあるディフェンスから
  ジャッカルしたりペナルティでマイボールにできたり
  しているのだから、全員がもっと高い意識の元で試合に挑みましょう

  ディフェンス面でのコミュニケーションが悪い
  特に後半、相手が速いテンポで展開してきている時に
  誰が誰を見るのか、大外の人間はディフェンス枚数が
  不足しているのか 足りているのかの支持を外、もしくはFBから
  コーリングしましょう。

  オープンキックを蹴った時の上がりが全体的に遅い
  昨日の試合でも1回だけオープンにキックを蹴ったが、
  WTB・FBでボールを追いかけてはいるがその他のプレーヤーの
  上がり 遅い。内側の人間の上がりをもっと早くしフィールド全体に
  網を張るようなディフェンスをしないと、簡単にビックゲインされて
  しまうのでは?

  捨てラック(完全に相手にボールが出そうなところで)
  ラックに入るプレーヤーが多い

  SHが捨てろ!!と指示が出ているのにも関わらず
  ラックに入るメンバーがいる。このタイミングでラックへ
  参加しても意味を 成さないのでラックサイドのディフェンスへ
  入るように心がける。

  ラックの球出しに人数を掛けている
  (前回の試合よりは少なくなってきているが)
  BKで持ち込んだボールに対して、一番近くにいるプレーヤーが
  ラックへの参加をしていない。

  ロムーへの参加が悪い
  2L3、2LL3とサインが出ているのだからもっと積極的に
  ロムーに入ってきても良いのでは?
  仮にBKんp3人でラックの球出しが出来るようになってくれば
  BKのラインは成形されていない。ここでFWのロムーやタイガー
  と言うサインが生きてくるのでは?

  BKのラインが2次、3次となるにつれ浅くなる
  前回の試合よりは良くはなってきているがまだまだ浅いです。

  タックル後に寝ているプレーヤーが多い
  結果、ノットロールアウェイなどのペナルティを与えてしまう。
  直ぐに起き上がるもしくはその場から退こうと言う意思を
  見せなくては ペナルティ取られます。(取られてました)

 ☆良かった点
  フィットネスの成果が出てきているのか下を向くプレーヤーが減ってきた。

  自陣ゴール前でのディフェンス
  特に前半、ゴールを背にしてからのディフェンスはFW・BKともに
  GOOD!!(ただし反省点にも挙げたがペナルティを犯さない事)

  接点で互角に渡りあえた
  特にディフェンスで身体をしっかりと当てるディフェンスが
  出来ていたのではないか。


■最後に
 試合後のアフターマッチミーティングでもレフリーに言われたとおり
 とにかくペナルティが多すぎです。同じペナルティを繰り返し犯すことで
 レフリーに対する印象も悪くなるのではないか?
 試合には熱くなる事は必要だが頭の中はクリアーにし冷静な判断が
 できるようしましょう。
 


以上、間違いがあれば指示ください。
posted by 東京六甲クラブ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

2006/02/05 練習試合 対グラン・コック・ジャポン

キックオフ  :2:50
競技場    :辰巳G
レフリー   :?
対戦相手   :グランコックジャポン(東京都社会人4部優勝)


以下、スコア(誤りありましたらご指摘ください)と高倉さんの講評です。

☆結果
スコア     :六甲イースト12−27グランコックジャポン
六甲イースト  :前半 12 2T1G  後半0   0T0G
グランコック  :前半 15 3T0G  後半12  2T0G


※試合メンバー
 1、松木 2、坪井⇒平野 3、尾崎 4、佐久間 5、寺田⇒黒川
 6、田中 7、平野⇒田中 8、加藤 9、大山⇒堀越 10、片山⇒犬飼⇒大山
11、天野⇒富田 12、河本 13、高倉⇒松永 14、西尾⇒西沢 15、西沢⇒片山

◆新人
 元ジャパン、堀越(弟)氏が参加されました。
 熊谷高校(高校ジャパン)⇒早稲田⇒三洋電機

『反省点』
 1. ボディーコントロールが悪い。 
   ボールキャリアが足を動かさずにヒットし寝ている。
  よって相手に絡まれる(ジャッカルされる)かボールが出ても
  SHがボールをさばけない。
 2. 接点が弱い
   故に1.のようなことが起こる。
   せっかく練習しているのだから接点はもっと激しくして行きましょう!
 3. ラックの球出しで人数をかけすぎている
  特に持ち込んだボールに対して、最少人数で球出しが
  できるようにしなくては上のレベルでは通用しないのでは?
 4. バッキングが遅い
   ウラに抜けた後のプレーヤーに対してもだがディフェンス面での
  バッキングを早く。特にブラインド側にいるプレーヤー、、、
 5. ダウンボールが悪い
  タックルされたあとのボールの置き方1つで全く違う展開になることを
  考えてください。
 6. タックルが悪い(私も含めて・・・)
   まだまだ身体を当ててタックルをしていない(手先だけで行っている)
   組織的なディフェンスができていない(コミュニケーション不足)
 7. 相手フローターを崩すようなアタックが出来ていない。
  相手のフローターを巻き込めるようなアタックが出来ておらず、
  BKへボールを供給しても全てSOの所で捕まっていた。
  もっと積極的にロムーに入ってフローターの人数を薄くしてからBKへ
  展開をしましょう!
 8. BKのラインが浅い(相変わらず)
  昨年来言い続けているが、BKのラインが浅い。
  日曜の様な相手のディフェンスラインが早い場合には
  ラインをもっと深くし走り込んでパスを受ける様にしないとだめ。
  またサインプレー時にそのサインとは関係の無いプレーヤーが
  動いていないために相手のディフェンスを混乱させられていない。

『良かった点』
 1. FWのモールに纏まりがありモールでのトライが取れたこと
 2. BKラインの声が外からよく聞こえていた(特に西尾。ナイスリードです)
 3. 後半最後に2本連続でトライを取られたが最後まで切れずに戦えた。

『総評』
 今シーズンの最初のゲーム、不完全燃焼のメンバーも多かったのでは
 ないでしょうか?最後の『ツメ』の部分でイージーミスが起こり波に
 乗れなかったように思える。

 相手グランコックJAPONは慶応OB主体のメンバーで走力もあり、
 振り回されるかと思ったが、FWの頑張りで均衡した試合内容だった。

 残念なことは前半、攻め込みながらパスミス、ノックオンなどが目立ち
 相手を完全に浮き足立たせることが出来なかったのではないでしょうか。
 反省点が多く出てある意味、良かったのではないか。

 これらの課題を克服し、次回の試合ではもっと『良かった点』を
 増やせるようにしましょう!
 その為には練習しかありません。

 この先は殆どの日曜日に試合が予定されているため練習できるのは
 土曜日くらいしかありません。このことを1人でも多くのメンバーが
 理解し、スケジュールを調整し練習へ参加してくれることを願います。

posted by 東京六甲クラブ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

2005/12/11 練習試合 対くるみクラブ

キックオフ  :9:50(30分ハーフ)
競技場    :大沢グラウンド
レフリー   :くるみクラブより
対戦相手   :くるみクラブ(東京都クラブ選手権1部所属)

非常に寒い日でした。 
スコアはピーチ☆高橋美和ちゃんにとっていただいたものです。寒い中、ありがとうございました。
以下、スコアと高倉さんの講評です。

☆結果
スコア     :六甲イースト29−5くるみクラブ
六甲イースト  :前半 12 2T1G  後半17 3T1G
くるみクラブ  :前半 5  1T0G  後半0  0T0G

六甲イースト T:5
  前半2本:FL天野、田中
  後半3本:寺田、モール、田中

※スクラムは相手の希望によりノーコンテスト。

☆メンバー
1 松木 2 平野 3 川合4 佐久間 5 坪井 6 田中7 天野→西田 8 寺田
9 大山→西尾 10 犬飼11 西尾→大山 12 河本13 高倉→松永 14 西沢
15 片山

参加者がギリギリであったために不慣れなポジションで出場しなくてはならないメンバーもいました。

☆今後の課題
相変わらずペナルティが多い(試合後に個々に指摘されたかたは修正してください)
・ノット10mが多い。ペナルティを取られたら先ずは下がることを意識し同じ事を繰り替えなさいようにしましょう
・裏に抜けたプレヤーへのフォローが遅い
・相手のジャッカルプレーヤーに対して ブローに入る位置が悪いためにクリーンアウトができずにSHが絡まれるシーンが目立った
・キックオフのボールの処理が悪い

☆良かった点
・BKからFWへの伝達力が向上された
・ディフェンスで相手の一次攻撃をゲインライン手前で止めていた。また相手の早い展開にも慌てず対処出来ていた
・FW・BKともに激しさがあった。特に佐久間、寺田、田中はエクセレント!!


2005年最終戦は何とか勝利で締括る事ができ良かったのではないでしょうか。
まだまだ課題はありますが徐々に修正しチーム全員一丸となってチーム力の向上を図りましょう!
年内はまだ練習があります。まだオフでは無いので勘違いしないように!


以上ざんす

By TT
posted by 東京六甲クラブ at 00:00| 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

2005/11/20 江戸川リーグ 第20回 区長杯争奪秋季リーグ 決勝

キックオフ  :10:10(30分ハーフ)
競技場    :江戸川陸上競技場
レフリー   :確認中(関東協会Aレフリー)
タッチジャッジ:協会レフリー
対戦相手   :スーパーマン(東京都クラブ選手権1部所属)

肌寒いが天気も良くラグビー日和。 

西沢トライ?   平野タックル   
ゴージャスはこの後トライ?タッチ?
『結果』
スコア    :六甲イースト15−スーパーマン15
六甲イースト :前半 5 1T0G  後半10 1T1G1P
スーパーマン :前半 5 1T0G  後半10 2T0G
トライ差によりスーパーマンの優勝
ラインアウト其の1   ラインアウト其の2
ラインアウト 前に差し込まれているけどサインはステップバック?

『出場メンバー(六甲イースト)』
ゲームキャプテン:片山
1.松木 2.中 3.尾崎 4.佐久間 5.高橋キヨ 6.平野 7.加藤 8.室伏
9.西尾 10.犬飼 11.平松 12.高橋(け)13.高倉14.西沢 15.片山
R.坪井、昇司、大山、天野、冨田、河本、神原、星屑
スタッフ:
伊藤部長、手嶋(交代指示)、石井MG(メディカル)、堀口MG(水)、井手(怪我)
加藤サイドアタック   松木蛙
加藤のサイド。この状況だと不発? 松木も蛙クラブ入り。ビックゲインされてます。
試合経過の詳細記録残っておらず。

『交代』
怪我交代
  中→坪井
  坪井→昇司
入替交代 
  平松→天野     
  高倉→河本
  高橋(キヨ)→太田
モール前   モール後
モールの初期姿勢は課題ですな。しかし集散負けてるね。
『トライした人』
前半: 西沢 後半:坪井
ゴール:西沢 1/2
PG: 西沢

『反則、その他』
シンビン:平野(ハイタックル2連発で)

『総評』

集散の速さ、体を張る直向さは相手チームが勝っていた。
平野はシンビンになりましたがディフェンスでは一番体を張っていました。
アタック1   アタック2
ディフェンス多し。この辺でモールを有効に使いたい。

☆悪かった点
1.ペナルティが多すぎ。
  ペナルティは悪という意識が少なすぎ。特に自陣ゴール前で繰返すなんて論外。 
2.ボールを繋ぐ意識が無い。
  行ける所まで行ってタックルされてターンオーバーされるという自己中心プレー多し。
  原因の1つとして片手でボールを持って走りながらタックル受け、結果ボールをしっかりダウンボール出来ていない。そのボールが自分の所に来るまでに、皆でボールを繋いできていることを忘れていませんか。
3.FWがFWの仕事をしていない。
  モールで押し込んでる時に、LO2名がBKラインに立っているシーン数回あり。   
4.BKクラッシュのときに一番近いBKがボール確保に行っていない。
  行っていても入り方が悪く役に立ってない。
5.レフリーに対する文句・質問は止めなさい。同じくチームメートに対する文句は論外。
  レフリーも人の子です。印象を悪くすればマイナスなレフリングをされることもある。
6.最後に勝てると思ったのか、受けにまわっていた。
  相手は1部でやってきたチームです。最後までフィットネスも集中力も勝ちたいという気持ちもイースト以上に残っていました。
この後タイガー?   高橋(け)ぽーん
☆良かった点
1.試合に出れないメンバーが出るぐらい人が集まった。

『反省を元に今週末の練習ポイント』
1.基本プレーが出来ていないのだから練習するしかないです。。。

間違いがあればご指摘ください。

以上/T.N.
posted by スタッフA at 11:31| 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

2005/10/30 江戸川リーグ 第20回 区長杯争奪秋季リーグ

キックオフ  :11:10(25分ハーフ)
競技場    :東小岩G
レフリー   :グリンRef
タッチジャッジ:オール葛西
対戦相手   :砂町ベアーズ(相手メンバー揃わず、混合チーム&アンコンテストスクラム)

気温も低くラグビーの試合日和。

スコア    :六甲イースト76−砂町ベアーズ0
六甲イースト :前半36 6T3G  後半40 6T5G
砂町ベアーズ :前半 0 0T0G  後半 0 0T0G

『出場メンバー(六甲イースト)』
ゲームキャプテン:片山
1.松木 2.中 3.尾崎 4.太田 5.寺田 6.平野 7.昇司 8.加藤
9.大山 10.片山 11.平松 12.神原 13.高倉 14.天野 15.西沢
R.坪井、西尾、冨田
スタッフ:
伊藤部長、手嶋(交代指示、記録)、石井MG(メディカル)、芝崎(水)

風太ジャンプ      5番風太
ビックガイ風太君のビックジャンプ  その風太君(遠近法で小さく見えます)

詳細記録は後日アップ。

トライ:
前半 尾崎1分、高倉8分、西沢17分、冨田20分、神原21分、寺田23分
後半 寺田6分、坪井11分、松木14分、冨田15分、高倉18分、天野21分

アンコンテストスクラム         尾崎突進
二等兵Sの人妻を狙うかの視線が鋭い  スクラム押さんで良いから尾崎が走る〜

ゴール:
西沢 4/7
高倉 4/5

『総評』
相手メンバーが揃わず急遽現地での混合チームになり、スクラムもアンコンテストとなった。
反省点:
80%は攻めていたが意図が無いプレーを繰返すだけであった。
ボールを持ち込んでもボディーコントロールが悪いので、結局球出しには何時もと同じ人数と時間を掛けていた。
練習でやってることを考えながらプレーしてますか?ボール持った瞬間目の前&頭の中が真っ白になってませんか??
良かった点:
完封できた。
試合中余計な会話が減ってきた。
試合前にフィットネスを行ったが、試合中フィットネスが落ちないメンバーが増えてきた。

BKミーティング    尾崎
試合後BKミーティングの絵          東京高校OB

江戸川リーグ予選はこれで終わりです。
後は11月20日の江戸川陸上競技場での決勝戦です。


以上/T.N.



posted by スタッフA at 17:07| 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。